格安スマホを失敗しないで選ぶテクニック

携帯電話料金の支払が高すぎてしまい家計を圧迫している家もあることでしょう。

特に家族が多い家などは携帯電話料金だけでもかなりの出費となってしまいます。
少しでも携帯電話料金を減らし家計を楽にしたいならば格安スマホを使用するといいでしょう。


それほど機能は変わらないのに料金がかなり安くなるのでお得です。

初めて格安スマホを選ぶ時はどこのメーカーのどの機種にするか迷ってしまいますが、いろんなチェックポイントがあるのでそのチェックポイントをしっかり確認するとい\いでしょう。



スマホにはデータ通信の速度制限がありますが、格安知スマホにももちろん1か月の高速データ容量の上限が決まっています。
中には無制限のプランもありますが、ほとんどが制限容量を超えると動画の閲覧やゲームをするのが難しい速度に制限をされることが多いです。


せっかく格安スマホを買ったのに通信速度を制限されると、思うようにスマホを利用できなくなりストレスが溜まるので、必ず購入する前は通信速度制限がどれくらいなのかチェックをするといいでしょう。
高速データで利用できる容量の制限がある場合はwifiスポットを上手に利用することです。
格安スマホでは無料でwifiスポットが利用できる場合と有料な場合があるので、できれば無料でwifiスポットを利用できる格安スマホを購入するととても助かります。よくスマホで電話をかけるという場合は、格安スマホに音声通話対応があるか確認するといいでしょう。

電話は全然かけないので音声通話対応は必要ないという場合は、データ専用のものを購入することが大事です。

データ専用でもip電話は利用できるので電話をかけることができます。


今利用中の電話番号をそのまま継続して利用したい場合は、音声通話対応の格安スマホを購入するといいでしょう。

月額の利用料金がどれくらいかかるのかも格安スマホを購入する前はチェックすることが大事です。各社のホームページには、月額料金をシミュレーションできるサービスもあるので、自分の場合はどのくらい月額料金がかかるか試してみるといいでしょう。

メーカーによってはいろんなオプション料金が発生する場合もあるので、オプション料金もどれくらいかかるか確認することが大事です。

今間でキャリアのスマホを使用していた人は、格安スマホに買い換えるとキャリアメールが使用できなくなります。



キャリアメールを使用しなくても大丈夫かしっかり考えることも大事です。

キャリアメールは使えなくてもフリーメールは使えるので、格安スマホに買い換えたことをきっかけにフリーメールに変えてみるといいでしょう。大手のキャリアには通話し放題というプランもありますが、格安スマホには通話し放題というプランが少ないので気をつけなければいけません。
通話が多い人はできるだけ通話し放題のプランを選ぶといいでしょう。



ip電話なら通話が多くてもお得に利用できます。