使いたいときに使えて当たり前のように普段はおもっていがちですが、いざトイレがつまりや漏れに見舞われ、使いたいときに使えなくなるとそのありがたみを実感するという人は多くいます。トイレをつまりや漏れなどを起こさないように、気を付けながら使うことが出来ればもちろんそれが一番です。しかしもし起こってしまったら早めに対処をするのがおすすめです。もしタンクや配管から大量の水が流れていて水浸しになるような状態であるのなら、とりあえず止水をしておきます。

そしてトイレのつまりや漏れがある場合には、まず何が問題であるかを特定するのがおすすめです。詰まってしまっている場合には、何か流れないようなものを流してしまったという心当たりがあるのではないでしょうか。よくあるトラブルには紙を一度にたくさん使用したというものや、大量の便を流したというものがあります。また何か流れないものを便器に落としてしまったときにも、詰まることがあります。

トイレのつまりや漏れのトラブルでも配管から少量の水が流れ出しているという場合には、管の接続部が緩んだりパッキンが傷んでいることが原因であることが多いです。パッキンの交換程度であれば、道具を持っていれば自分で交換をすることはできるでしょう。とはいえ力が必要であったり道具も使うため、交換の仕方を知らないという場合には工事会社に依頼したほうが早いかもしれません。このようにトイレのつまりや漏れにもいろいろありますが、自分で修理ができないようなものは工事業者に依頼します。

住まいの自治体の上下水道局に指定されている工事業者を選び、直してもらいましょう。